日本酒の起源と歴史について紹介!

日本酒の起源と歴史について紹介!

日本酒はいつ造られ始めたのか、その起源と歴史は興味深いところではないでしょうか。
実のところ日本酒の誕生は古くて起源には諸説あり、弥生時代の説もあれば、縄文時代にはあったとの説も存在します。
確かなのは紀元前にはお酒を造る技術や飲む文化があり、昔から日本人は米を美味しくいただく方法を探求していたのだと分かります。
製法については口噛みの酒が広く知られていますが、これは文献にも残っているれっきとしたものです。
奈良時代には中国から米麹を用いる製法が伝えられ、平安時代には更に現代の日本酒に通じる品質の良い製法が追求されたようです。
より洗練され近代化したのは室町時代頃で、米と麹を蒸して水を加える二段仕込法が開発されています。
江戸時代は既に大量量産できる体制が整っており、品質の向上と製法の開発が進みます。
このように、日本酒には弥生か縄文頃から続く長い歴史があって、変遷と共に着実に技術が向上して洗練されてきたことが理解できるのではないでしょうか。

日本酒の製法でもっとも活用されているもの

日本酒は昨今では、フランスやイギリスの方々にも広く愛される飲み物となりました。
この歴史は非常に長く、奈良時代に遣唐使によって伝えられたと言われるものです。
日本は世界一の米生産大国であり、自国の名産品を活用している点でも毎年豊富な分量で生産をし続けることができます。
日本酒と一言にいっても、いろんな銘柄で構成をされているのが特徴です。
そのなかでももっとも活用されている製法が、熟成発酵というものになります。
簡単にその製法について解説をしていくと、醸造蔵というところで米を蒸して発酵をさせ、約半年から1年間の間麹菌を加えて作っていくものです。
その作業をおこなう方を杜氏と呼び、各醸造所で秘伝の技を受け継がれるのが特徴です。
日本酒の場合、無色透明なものが大半を占めていますが、以前は濁り酒でした。
これは熟成をさせる期間が短いため、米本来のでんぷん質が残っていることで濁っていました。
今では熟成方法が確立をされており、綺麗な透明なものとなります。

日本酒に関する情報サイト
生活を彩る日本酒

当サイトは好みのお酒に出会う方法を知りたい人にお勧めの情報を掲載しています。日本酒にまつわる基礎知識とおすすめのお酒をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。こだわって選んでみたいというのであれば、きっと役立つはずです。日本特有の製法で造られている酒の種類と、それに合う料理を紹介しています。さらに日本ならではのお酒の起源と歴史についても紹介しているサイトです。これを読めばよりおいしく飲めるかもしれません。

Search