好みの日本酒に出会う方法は?日本酒にまつわる基礎知識とおすすめの日本酒をご紹介!

当サイトは好みのお酒に出会う方法を知りたい人にお勧めの情報を掲載しています。
日本酒にまつわる基礎知識とおすすめのお酒をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。
こだわって選んでみたいというのであれば、きっと役立つはずです。
日本特有の製法で造られている酒の種類と、それに合う料理を紹介しています。
さらに日本ならではのお酒の起源と歴史についても紹介しているサイトです。
これを読めばよりおいしく飲めるかもしれません。

好みの日本酒に出会う方法は?日本酒にまつわる基礎知識とおすすめの日本酒をご紹介!

楽しい気分になることができ、人との付き合いにも役立つお酒をより美味しくいただきたいという人は多いのではないでしょうか。
自分好みの日本酒を選ぶための知識として、味の分類が挙げられます。
日本酒には薫酒・爽酒・醇酒・熟酒といった分類があります。
薫酒は香りが華やかなもの、爽酒は清涼感のあるものです。
醇酒はコクがあり熟酒は深い香りと味わいが特徴です。
初心者の場合には香りが控えめで淡い味わいの爽酒も良いかも知れません。

日本酒を楽しむための基本的な飲み方

ワインやウイスキー・ブランデーなど、色んなお酒が世界各国で味わうことができます。
大人の嗜みとも評されており、国内でも各地で居酒屋やクラブで堪能できます。
これから成人を迎えて、はじめて飲もうと思われる方も多いでしょうが、ここでは国内で人気となっている日本酒を楽しむための基本的な飲み方をレクチャーしていきましょう。
まず日本酒はコメから作られているもので、その歴史は奈良時代にまで遡ります。
美しい透明度を誇り、コメの甘みを活かしたものが多き傾向です。
日本酒を楽しむ飲み方としては、必ず和らぎ水を用意するのが基本です。
この水は常温のものとなり、日本酒を飲んだあとに口に含むものです。
清酒をストレートで飲むとアルコール度数が10度以上と高いため、続けて飲むには喉を傷める恐れがあります。
少しずつ味を堪能するためにも、水とお酒を交互に飲むのが大切です。
そしてその味わいにあったつまみを用意して、料理も口にするといいでしょう。

利用者好みの日本酒を提案するコンシェルジュ型の通販

新聞やバラエティー番組などでも報道をされていますが、昨今では若者の間で日本酒ブームが巻き起こっています。
以前はビールやハイボール・ワインなどが支持をされてきましたが、コメ本来の味わいを堪能しつつ各地に色んな銘柄があることで、自分の口にあった日本酒を探し求める楽しみ方が支持をされているといえます。
また気軽にネット通販でも買い求められる点も、人気に火が付いた要因です。
数多くある銘柄のなかから、どんな商品を購入すればいいのかわからないという方も多いことでしょう。
そういう方におすすめなのが、コンシェルジュ型の販売をする通販です。
その概要を簡単に見ると、利用者の好みの日本酒を提案してくれます。
まずはじめて利用するときに、いくつかの設問に回答をするのが特徴です。
その設問の回答内容で提案をされる日本酒を自動で決めてくれます。
甘口・辛口のほか、大吟醸などの項目もあり、お好きな味わいの品を的確に購入できるのが魅力です。

若い女性や日本酒初心者に人気のスパークリング日本酒

スパークリング日本酒は炭酸の爽快感があるのでさっぱりしますし、ジュースを飲んでいるような気持ちになります。
炭酸にはお酒の癖を消してまろやかにする効果もあるので、日本酒は苦手だけど挑戦してみたいという若い女性や初心者におすすめです。
一般的な日本酒と違って非常に飲みやすいですし、のど越しを楽しむことも可能です。
日本酒は苦手だけどビールは好きという人は多いですが、この理由はのど越しにあります。
人間は飲み物を味だけで楽しむのではなく、のど越しを感じることができます。
ビールをじっくり味わって飲む人もいるかもしれませんが、基本的には爽快感のようなものを得るために飲んでいる人が多いです。
他のお酒でも爽快感を加えることで抵抗感なく飲めます。
その点でスパークリングというのはメリットがあります。
若い女性や初心者の場合はまず慣れることが大事です。
慣れるとお酒を味わう余裕が生まれますし、もっと試してみたいという気持ちになります。

初心者でも分かる!日本酒ラベルから味を知る

銘柄を見ただけでは味が分からない、そんな初心者の方でも外食や旅先でさまざまな日本酒を楽しみたいのではないでしょうか。
お酒を飲まなくでも味を知る方法を解説します。
お酒のラベルには原材料やアルコール分などの表示が義務づけられています。
日本酒は本醸造酒、吟醸酒、純米酒と大きく分けられており、使用する原料が異なります。
中でも純米酒はお米、麹、水だけで作られているお酒です。
ラベルにも表示されていることが多い為、それぞれのテイストを知っておけば選ぶ際の基準になります。
アルコールの強さはアルコール度数で確認し、あまりお酒に強くない方は度数が低めのものを選ぶと飲みやすいかもしれません。
また商品によっては日本酒度、酸度、アミノ酸度などが表示されており、その数値を味の判断基準とすることも。
飲んだことのない日本酒はパッケージから正確な味を知ることは難しいですが、情報が記載されていますので目を通し判断基準にすると良いでしょう。

おすすめの日本酒の本について紹介

ビールや果実酒やハイボールや酎ハイやサングリアやカクテルは何も考えずに気楽に飲めるけど、日本酒は奥深さ故になんとなく難しくて親しみにくくて飲むのにハードルの高さを感じているという方は多いのではないでしょうか。
ワインやシングルモルトや本格焼酎なども同じで、日本酒にはそこはかとなく漂う小難しさがあり初心者を寄せ付けないオーラを醸し出しています。
そこでおすすめなのが日本酒の本です。
本を読んで知識を身につければ自ずと親近感がわいてきますし、飲むときのハードルも一気に下がるはずです。
純米大吟醸酒や特別純米酒や大吟醸酒や本醸造酒などの種類を知ることも出来ますし、多くのファンを獲得している有名な酒造メーカーも一通り把握できます。
熱燗・常温・冷酒などおすすめの飲み方やその日本酒に合うおつまみなども教えてくれますし、歴史や伝統にも触れられて様々な背景に思いを馳せることが出来るというのも日本酒の魅力です。
日本酒の本だけではなく、グルメ雑誌の特集もチェックしてみましょう。

日本の酒造り技術を支える!日本唯一の国の研究機関

独立行政法人の酒類総合研究所は、1904年に東京で設立された酒類に関する技術の国立研究機関であり、科学的な研究によって伝統的な醸造技術の向上を目指しています。
1995年に東京から東広島市西条に移転し、酒類総合研究所と改称され、現在も酒類に関する高度な分析・評価・研究を行います。
日本酒類産業の健全な発展と、酒税の適正・公平な賦課を支援することを目的としています。
研究成果は講演会や出版物、ホームページなどを通じて専門家や消費者に提供するとともに、酒類品質評価コンクールを開催することです。
狭い地域に9軒もの日本酒の酒蔵がひしめく西条市は、国の研究機関の立地として最適でしょう。
西条では酒造りに最適な水が酒蔵通りという細い道の下から湧き出しており、その周辺に酒蔵が集中しています。
酒蔵はレンガ造りの高い煙突が目印です。
西条は軟水で有名でありかつては軟水で酒を造るのは難しかったため、先人が研究を重ねて造り方を開発したそうです。

全国で人気の日本酒について紹介!

全国的に人気の日本酒としてはまず山口県の獺祭です。
自然環境の影響を受けない生産施設を使っており、安定した品質が高評価を得ています。
純米大吟醸や大吟醸がポピュラーで、精米歩合23%まで磨き上げたものもあります。
次に辛口の代表格・八海山です。
名前の由来は八海山系の地層から湧き出る軟水です。
いくら飲んでも飽きないと言われ、熱燗でもお冷でも魅力が感じられます。
旨味や香りも適度であり、飲みやすいのに奥が深い日本酒です。
甘口としては村祐の黒・純米大吟醸が人気です。
ピンクのパッケージからわかる甘さで、果物のような味わいがあります。
主張が強いので魚介類などと一緒は良くないですが、食後に飲むと食事の満足感がアップします。
甘口で品があるのが廣戸川の純米吟醸です。
香りも甘みもほんのり控えめで、誰にでも好かれる味です。
パンチは弱いですが、嫌いな人が少ないから人が集まる場に向いています。
普段日本酒を飲まない人に勧めるのにいいでしょう。

おすすめの日本酒通販サイトを紹介

日本酒は同じ銘柄でも純米や純米大吟醸など色々な種類があるので、お酒を選ぶのが楽しいと感じている人も多いけれどもその反面初心者にとっては迷いやすい部分になるのではないでしょうか。
日本酒は、少量の醸造アルコールを加えて製造される本醸造酒と米や米麹だけを原料にする純米酒の2つに分類され、精米歩合などにより4つに分類が行われることになります。
具体的には、米吟醸酒本醸造酒には大吟醸酒・吟醸酒・特別本醸造酒・本醸造酒の4つ、純米酒には純米大吟醸酒・純米吟醸酒・特別純米酒・純米吟醸酒の4つに分類されることになります。
好みの日本酒を探すときには色々なものを飲み比べるのが一番ですが、全国各地のお酒を取扱っている通販サイトを使えば、これらのお酒をいくつか選んで好みのものを見つけることもできます。
なお、おすすめの通販サイトの場合は単に商品を販売しているだけでなく、日本酒をタイプ分けしていて自分のお気に入りを見つけることができる工夫が行われているので、色々のみ比べするよりも早期段階で自分が好きなものを見つけられます。

全国の日本酒通がおすすめのお店を紹介

日本酒を購入したいとなったとき、近所にある酒屋さんに出向いて選ぶ人も多いかと思われますが、小売りを行っている酒屋さんなどでは色々なお酒を販売しているわけですから、欲しいものが見つからないなどのケースは多いといえましょう。
一般的に知られている特級や二級酒などを買うのであればこのようなお店でも良いけれども、地酒や大吟醸などのような特殊なものは専門店を使わないと入手ができないことも少なくありません。
近所に専門店がないとなったときにもおすすめなのが通販サイトで、通販サイトの場合は取扱い品種の数が豊富にあるので珍しい日本酒を手に入れることもできる魅力もあります。
また、通販サイトは価格を比較することができるので少しでも安い大吟醸を手に入れたいとなったときなど、いくつかのサイトに掲載してある金額を比較すれば安値のお店を見つけることもできます。
さらに、通販店の場合は送料が別途必要になるけれども、買い物額が1万円を超えると送料を無料にするなどサービスを行っている所を使えばお得な買い物ができます。

日本酒に関する情報サイト
生活を彩る日本酒

当サイトは好みのお酒に出会う方法を知りたい人にお勧めの情報を掲載しています。日本酒にまつわる基礎知識とおすすめのお酒をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。こだわって選んでみたいというのであれば、きっと役立つはずです。日本特有の製法で造られている酒の種類と、それに合う料理を紹介しています。さらに日本ならではのお酒の起源と歴史についても紹介しているサイトです。これを読めばよりおいしく飲めるかもしれません。

Search